しっかりと吟味して、理想的な物件を手に入れよう。

家づくりを成功させるコツ施工業者の選び方

自分の為に

相続不動産での節税は工夫する事で可能

相続不動産売却する時には対策を工夫することで、節税につながる大きなメリットがあります。この対策の一つには相続不動産売却があります、不動産というのは時価と相続税の評価額に乖離があるため、現金のまま相続するより相続の財産を減少させる事が出来る事が多くあります。 しかし必ずしもと言う事もない場合もあります、例えば地価が上昇して財産が増えてしまう可能性もあります、現在の日本はなかなか不動産が上がるという現状ではないので、このような心配は少ないのかもしれません。ようするに5000万円のお金を残していたら5000万というお金で評価される事になります。しかし5000万円のお金で5000万円の建物を購入した場合、建物の評価額は5000万円より低くなるのが一般的です、これは固定資産税評価額で評価され、時価より低い可能性が高いので相続不動産売却した時の相続税の金額を低く出来るメリットがあります。

様々な相続不動産売却

建物を購入した時に、賃貸物件の購入がありますが、更地は何も建っていない土地になります。この土地であれば普通に自用地としての評価になります、そこに賃貸物件でアパートなどを建てた場合は貸家建てつけ地になります。すると評価は下がります、1引く借地権割合掛ける借家権割合掛ける賃貸割合になります。アパートを貸すだけでも貸し宅地の評価になりますので評価は下がります。 相続不動産売却する方でアパートなどをローンを組んで建てた場合は、建築資金を借り入れる事で債務控除が適用される事があります、この資金を借り入れて借金を増やす事で相続の財産から差し引くことが出来ます。なので相続不動産売却する時にこの債務控除が適用されるような方法で行う事が相続財産を下げる効果があり、現在ではよく利用されています。