しっかりと吟味して、理想的な物件を手に入れよう。

家づくりを成功させるコツ施工業者の選び方

物件を借りる際に

何からはじめたらいいか

賃貸でお部屋探しをする場合、いったい何からはじめたらいいのか、それはまず予算を立てることからはじめます。いくらこんな部屋に住みたいといった希望があっても理想をすべてかなえるとなると家賃だけが高くなってしまいますので、家賃を払えるだけの余裕があるかどうかがポイントとなります。そして、賃貸契約時には、特に首都圏ですが敷金が家賃の1か月から2か月分、礼金も家賃の1か月から2ヶ月分のお金がかかります。そして仲介手数料や1カ月分、日割り家賃や前家賃、火災保険料等が初期費用としてかかりますので、家賃の4ヶ月分から6カ月分はかかると想定しておいた方がよいです。それから気をつけたいのが今住んでいるところと新しく住むところで家賃ができるだけ重ならないようにします。

お部屋探しをすることになったら

お部屋探しをすることになったら、まず予算を決めますが理想とする家賃は月収の手取り金額の約30%を目安とするのがよいとされています。賃貸物件情報はインターネットで探したり不動産屋さんで直接行くのもいいですし、住宅情報誌や新聞の折り込み広告などもあります。しかし、結局のところ不動産屋には行かなければならないのですが、行くときの服装はなるべくスーツ着用とまではいかないですが清潔感があり好印象をもたれやすい服装がいいです。それは、大家さんによってはうるさくされるのを困ったり、周辺の人への安心感がある人がいいなどということがあります。賃貸入居のルールもありますので、そのようなルールを守れる人かどうかも入居審査であります。